自作キーボード温泉街の歩き方

自作キーボードの世界は温泉に例えられます。自作キーボードの温泉街の楽しい歩き方を紹介します。

(初心者編)自作キーボードにファームウェアを書き込む

こんにちは。自キ温泉ガイドのサリチル酸です。

 f:id:Salicylic_acid3:20181119233252p:plain

久しぶりに温泉ガイドっぽい記事です。

自作キーボードの中でもハマりがちなファームウェアの書き込み方を書きたいと思います。

 

 

 

はじめに

自作キーボードの大きい魅力の一つに、好きにファームウェアを書き換えたりできることがありますが、PCに環境を構築したりするスキルが必要なので上級者向けです。

本記事は書き換えはひとまず置いておいて、ファームウェアを書き込む方法の内、最も簡単なQMK Toolboxを使用する方法を紹介します。

 

前置き

PC環境は個々人により千差万別なので、本記事のとおりにやったからと言って同じ様にできることを保証するものではありません。

私はコードはあまり書きませんが、エンジニアとして働いているので、暗黙の了解として飛ばしている項目もあると思いますのでご了承ください。

 

QMK Toolboxをダウンロードする

まずはここから始めましょう。

以下のサイトを開きます。

github.com

 

サイトからツールをダウンロードします。

Windowsの場合は「qmk_toolbox.exe」、Macの場合は「QMK.Toolbox.app.zip」をダウンロードします。

f:id:Salicylic_acid3:20190418003637p:plain

 

Toolboxをインストールする

ダウンロードしたToolbox.exeをダブルクリックします。

※Windows10の場合、以下の警告画面が出てきますので、「詳細情報」→「実行」をクリックします。

f:id:Salicylic_acid3:20190418004406p:plain

 

インストールが完了すると以下の画面が出てきます。

f:id:Salicylic_acid3:20190418004545p:plain

 

Hexファイルを用意する

以下のサイトなどからファームウェアをダウンロードします。

qmk.fm

 

私の作成したキーボードのHexファイル

以下のマップ名をクリックしてください。

Naked60BMPdefaultUSキーボードの標準的な配列を目指しました。

for_naked48Setta21をNaked48と3.5mmステレオミニケーブルで接続するためのキーマップです。
※単体利用はできません。

for_naked48Setta21をNaked60と3.5mmステレオミニケーブルで接続するためのキーマップです。
※単体利用はできません。

キーボード名 マップ名 説明
Naked48LED default USキーボードの標準的な配列を目指しました。
default_with_nafuda defaultキーマップでNafudaを3.5mmステレオミニケーブルで接続するためのキーマップです。
default_with_setta21 defaultキーマップでSetta21を3.5mmステレオミニケーブルで接続するためのキーマップです。
salicylic JISキーボードで、私の使いやすい配列です。私はCorneやColosseumでもこのマップを使用しています。
salicylic_with_nafuda salicylicキーマップでNafudaを3.5mmステレオミニケーブルで接続するためのキーマップです。
salicylic_with_setta21 salicylicキーマップでSetta21を3.5mmステレオミニケーブルで接続するためのキーマップです。
Naked60BMP default USキーボードの標準的な配列を目指しました。
default_with_nafuda defaultキーマップでNafudaを3.5mmステレオミニケーブルで接続するためのキーマップです。
default_with_setta21 defaultキーマップでSetta21を3.5mmステレオミニケーブルで接続するためのキーマップです。
salicylic JISキーボードで、私の使いやすい配列です。私はCorneやColosseumでもこのマップを使用しています。
salicylic_with_nafuda salicylicキーマップでNafudaを3.5mmステレオミニケーブルで接続するためのキーマップです。
salicylic_with_setta21 salicylicキーマップでSetta21を3.5mmステレオミニケーブルで接続するためのキーマップです。
Setta21 default Setta21を単体で使うためのキーマップです。
for_naked48 Setta21をNaked48と3.5mmステレオミニケーブルで接続するためのキーマップです。
※単体利用はできません。
for_naked60 Setta21をNaked60と3.5mmステレオミニケーブルで接続するためのキーマップです。
※単体利用はできません。
Nafuda default Nafudaを単体で使うためのキーマップです。
for_naked48 NafudaをNaked48と3.5mmステレオミニケーブルで接続するためのキーマップです。
※単体利用はできません。
for_naked60 NafudaをNaked60と3.5mmステレオミニケーブルで接続するためのキーマップです。
※単体利用はできません。

 

ToolboxにHexファイルをセットする

Openボタンをクリックして、ダウンロードしたHexファイルを選択します。

f:id:Salicylic_acid3:20190418010442p:plain

 

Auto-Flashをオンにする

下図赤◯のチェックボックスをオンにし、下の黒い画面に「Auto-flash enabled」と出てくるのを確認する。

f:id:Salicylic_acid3:20190418011029p:plain


キーボードのリセットスイッチを押す

取り付けたリセットスイッチを押すか、ProMicro上のRSTとGNDをショートさせます。

f:id:Salicylic_acid3:20190418011624p:plain
f:id:Salicylic_acid3:20190312013739j:plain

 

スイッチを押してから2秒位のラグの後、黒い画面にズラズラメッセージが流れていきます。

最後に「avrdude.exe done. Thank you.」と出力されたら書き込み完了です。

f:id:Salicylic_acid3:20190418011306p:plain

 

他の参考記事

以下のサイトも非常に参考になるので参照してみてください。

 

skyhigh-works.hatenablog.com

 

おわりに

初心者向けのファームウェア書き込み手順についていかがでしたでしょうか。

なるべく分かりやすい様に書いたつもりですが、なにかわからないことが有れば遠慮なくコメント欄か私のTwitterへどうぞ。

 

本記事はNaked48LEDで書きました。