自作キーボード温泉街の歩き方

自作キーボードの世界は温泉に例えられます。自作キーボードの温泉街の楽しい歩き方を紹介します。

初心者向けイベント「帰りに自キカツ!」の第4回をやるよ!

こんにちは。自キ温泉ガイドのサリチル酸です。

 f:id:Salicylic_acid3:20181119233252p:plain

今回は私が企画した自作キーボードのイベント「帰りに自キカツ!」の告知をします。

最近告知記事ばっかりでごめんなさい。。

イベントは2019年7月31日に行いますので是非いらっしゃってください。

 

 

 

動機

休日、定点観測をしている遊舎工房の工作スペースで作業をしていると、必ずと言っていいほど初心者が困っています。

ããããã¨ã å°ããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

遊舎工房のスタッフも全力でサポートしていますが、それにも人数的な限界があるため、困っている初心者の方はスマホと忙しそうなスタッフとを交互に見て機を伺っている姿を数回見ました。

国産キットのビルドガイドも大変に親切ですが、組み立てる前に何度読み返してみても初心者が迷わずに組立できる訳ではありません。

ダイオードの向きって?」

「表面実装ダイオード、小さすぎて難しい…」

「TRRS反対に付けちゃった…取れない…」

「Pro Microの表裏ってなに?」

コンスルーの意味って?」

「ソケットってどうつけるの?」

「LED点かないんだけど…」

持ち帰って家で一人で悩んでいても煮詰まってしまいます。

そこで、皆で一緒に安いキットで入門出来るイベントがあったらいいな、という所が本イベントの出発点です。

 

イベント内容

自作キーボードの構造から注意点をショートプレゼンで学んでいただきます。

その後実際に各自にキットを作ってもらうだけという短めの内容です。

イベント時間も19:00~21:00と2hでサクッと終わるイベントの予定です。

 

今回はこのイベント内で自前キットもくもく枠を用意し、Nafuda以外のキットの制作も可能な枠を後日用意します。

もちろんNafuda以外の枠のサポートを行いますので、買ったはいいけどハードル高くて始められない、という人の最初の一歩もサポートできたらと思っております。

※イベント申込時に事前にキットの内容をお知らせいただければ予習しておきます。

 

Nafudaとは

イベントで作ってもらうのは私が開発したNafudaという名刺サイズのミニキーボードです。

f:id:Salicylic_acid3:20190405033820j:plain

f:id:Salicylic_acid3:20190608024901j:plain
f:id:Salicylic_acid3:20190608024908j:plain


salicylic-acid3.hatenablog.com

Nafudaはmeishiという遊舎工房で大変人気のある初心者向けのキットを、私なりに再構築したものです。

最近のキットでよく使われるパーツや構成に対応しているだけでなく、極薄の7キーなので、作ったあとも使い道はあると思います。

f:id:Salicylic_acid3:20190608025116j:plain
標準ではカーソルキーだけでなく、マウス機能やブラウザ操作系のキーマップとなっており、カーソルキーがないキーボードに合わせると最適です。

 

申し込みについて

Connpassのページより申し込んでください。

 

welcome-to-custom-keyboards.connpass.com

 

料金について

イベント参加費(1500円)+部品代(2400円分くらい)

※参加費にNafuda代(800円)は含みません。

※自前キット枠は参加費のみです。

部品は当日遊舎工房で全て揃えることが出来ます。

部品は自前のものが有れば持ってきても構いません。

部品代内訳(例)

品目 単価 数量 合計
Nafudaキット 800 1 800

キースイッチ

(KailhChoc用)

48 7 336
キーキャップ(KailhChoc用) 30 7 210
Pro Micro 1000 1 1,000
      2,346

※LEDは個人的なバラ売りです。

 

持ち物について

特に不要ですが、マイピンセットやマイフラックスなどが有ればよりスムーズです。

 

おわりに

私も精一杯ガイドしますので、是非2019年7月31日に是非来ていただけたらと思います。 

何卒よろしくお願いします。

 

なにか分からないことが有れば遠慮なくコメント欄か私のTwitterへどうぞ。

 

本記事はNaked64SF_BMPで書きました。