自作キーボード温泉街の歩き方

自作キーボードの世界は温泉に例えられます。自作キーボードの温泉街の楽しい歩き方を紹介します。

自作キーボードキット『Naked64SF』ビルドガイド

こんにちは。自キ温泉ガイドのサリチル酸です。

 f:id:Salicylic_acid3:20181119233252p:plain

今回は私の設計した自作キーボードキット『Naked64SF』の組み立て手順書、ビルドガイドを書きたいと思います。

 

 

 

はじめに

キットをお買い上げ頂いた方、お買い上げありがとうございます。

拙い部分もあると思いますが一所懸命にガイドしますのでよろしくお願いします。

 

前置き

本キットは他のNakedシリーズとは一線を画すコンセプトであり、難易度も48LED、60BMPよりは上となっておりますので、より慎重にガイドをちゃんと読んで取り組んでください。

私も丁寧な説明を心掛けますが、皆様も分からないところがあったら「やってから考える」のではなく、「先に」私まで問い合わせて、疑問を解消させてから取り組んでください。

問い合わせはTwitterのDMか、本ブログのコメント欄にメールアドレスを記載していただければ回答します。

※コメント欄に書きこんだメールアドレスは公表されません。

Twitterの方が反応は早いです。

また、自作キーボードの組み立ては初めてで不安という方は、同じパーツを採用し、同じハンダ付けの技術で組み立てられるテンキーパッド『Setta21』か、マクロパッド『Nafuda』から取り組んでください。

『Setta21』と『Nafuda』は『Naked64SF』と比べてかなりお安くしますし、後で『Nakedシリーズ』と3.5mmステレオミニケーブルで接続できるので無駄になりません。

同じ部品、同じ工具、同じ手順で組み立てられるので『Setta21』『Nafuda』を組み立てられるならあとちょっとのスキルで『Naked64SF』は技術的には問題なく組み立てられるはずです。

f:id:Salicylic_acid3:20190809122622p:plain

 

注意事項

ハンダこてを持ちながら♨マークを見ることはほとんど有りません。

※本キットにおいて、電池カバーのLEDテープのハンダ付け、TRRSのハンダ付けにおいて表面からのハンダ付け工程があります。

f:id:Salicylic_acid3:20190810001424p:plain

手にハンダこてを持ってるときに♨マークが見えたら、手を止めてビルドガイドを見直してください。

温泉は、すべてが終わった後に満足感とともに入るものです。(偏見)

また本キットは自分でハンダ付けをして、自分で組み立てるキットです。

私が組み立ての代行を引き受けることはありませんのでご了承ください。

 

キットの中身を確認する

内容物一覧

※本キット内容はセカンドロットのものです。

品目 数量
実装プレート 1
トッププレート 1
バックプレート 1
ミッドプレート 1
ダイオード 64+
ショットキーバリアダイオード 2
コンデンサ 1
LED(SK6812MINI) 8+
スイッチソケット(MX用) 64+
スタビライザー(2U) 3
TRRSコネクタ 1
タクトスイッチ 1
スライドスイッチ 1
コイン電池(CR1632)ケース 2
スペーサー(7mm) 20
スペーサー(10mm) 4
ナット 4

ネジ(3mm)

52+
ゴム足(小) 4
ゴム足(大) 4

実装プレート

f:id:Salicylic_acid3:20190810000030p:plain

本ガイド内では『実装プレート』と呼びます。

組み立ての大部分は実装プレートへの部品のハンダ付けです。

実装プレート以外にハンダ付けする事はありません。

トッププレート

f:id:Salicylic_acid3:20190810000220p:plain

本ガイド内では『トッププレート』と呼びます。

トッププレートの穴にスイッチをはめ込んで実装プレートに合わせます。

トッププレートは金色の装飾が入った表面と、シンプルな無地の裏面がありますが、リバーシブル構造ではないので表面のみ使用してください。

バックプレート

f:id:Salicylic_acid3:20190810000434p:plain

本ガイド内では『バックプレート』と呼びます。

このプレートがキーボードの底面になります。

バックプレートはリバーシブルではございませんので、模様が入った方を底面側に、裏と書かれた方を実装プレート側にしてお使いください。

ミッドプレート

f:id:Salicylic_acid3:20190810000540p:plain

本ガイド内では『ミッドプレート』と呼びます。

このプレートがキーボードのキー側の真ん中部分になります。

ミッドプレートはカバー色と同色の物が同梱されています。

模様がある方を表側にしてお使いください。

ダイオード

f:id:Salicylic_acid3:20190310003953j:plain

本ガイド内では『ダイオード』と呼びます。

キーの同時押しをサポートするために必要なパーツです。

64個+α個入っていますので確認してください。

ショットキーバリアダイオード(オプション)

f:id:Salicylic_acid3:20190628020857p:plain

本ガイド内では『SBダイオード』と呼びます。

ボタン電池の上下指し間違えを防ぎます。

キースイッチ用のダイオードとは異なりますので注意してください。

キースイッチ用のダイオードとは別に2個入っていますので確認してください。

コンデンサ(オプション)

f:id:Salicylic_acid3:20190628020930p:plain

本ガイド内では『コンデンサ』と呼びます。

ボタン電池の電圧を安定させ、寿命を伸ばします。

1個入っていますので確認してください。

LED(オプション)

f:id:Salicylic_acid3:20190809105631p:plain

本ガイド内では『LED』と呼びます。

半田付け難易度は高いですが、8個と少ないですし、インジケータとして実用的でも有るので是非チャレンジして輝かせてください。

スイッチソケット

f:id:Salicylic_acid3:20190701020438p:plain

本ガイド内では『スイッチソケット』と呼びます。

キースイッチを抜き差しできるようにする部品です。

64個入っていますので確認してください。

スタビライザー(2U)

f:id:Salicylic_acid3:20190701020549p:plain

本ガイド内では『スタビライザー』と呼びます。

スペースキーやシフトキーなどの長いキーをまっすぐ押せるように安定させる効果があります。

3個入っていますので確認してください。

TRRSコネクタ(オプション)

f:id:Salicylic_acid3:20190310004057j:plain

本ガイド内では『TRRSコネクタ』と呼びます。

Naked64SFとSetta21、Nafudaと3.5mmステレオミニケーブルで接続するために必要ですが、接続しないなら不要です

1個入っていますので確認してください。

タクトスイッチ

f:id:Salicylic_acid3:20190310004110j:plain

本ガイド内では『タクトスイッチ』と呼びます。

Naked64SFの頭脳部分、ProMicroのファームウェアを書き込む際に必要です。

1個入っていますので確認してください。

スライドスイッチ(オプション)

f:id:Salicylic_acid3:20190628020819p:plain

本ガイド内では『スライドスイッチ』と呼びます。

電池のオンオフを行うスイッチですが、BMPを使用しないのであれば不要です

1個入っていますので確認してください。

コイン電池(CR1632)ケース(オプション)

f:id:Salicylic_acid3:20190701020942p:plain

本ガイド内では『電池ケース』と呼びます。

コイン電池(CR1632)を収めるケースですが、BMPを使用しないのであれば不要です

2個入っていますので確認してください。

スペーサー

f:id:Salicylic_acid3:20190310010118j:plain

本ガイド内では『スペーサー』と呼びます。

プレート各種をネジ止めするのに必要です。

スペーサーは7mmが20個、10mmが4個入っていますので確認してください。

※すべては使用しません。お好みにあわせて使用してください。

ナット

 

本ガイド内では『ナット』と呼びます。

インナーカバーを押さえるために用います。

ナットは4個入っています。

ネジ

f:id:Salicylic_acid3:20190310010102j:plain

スペーサーとともにプレート各種をネジ止めするのに必要です。

3mmのネジが56個以上入っていますので確認してください。

ゴム足

f:id:Salicylic_acid3:20190628021040p:plain

シートについたゴム足が大小それぞれ各4個入っていますので確認してください。

 

キット外で必要なもの

一覧

品目 数量
キースイッチ 64
キーキャップ 64
Pro Micro もしくは BLE Micro Pro 1
MicroUSBケーブル 1
コイン電地(CR1632)(オプション)
単4電地(オプション)
LEDテープ(WS2812B)(オプション) 1
鉛テープ(オプション)
3.5mmステレオミニケーブル(オプション) 1


キースイッチ 

本ガイド内では『キースイッチ』と呼びます。

Naked64SFはCherryMX互換スイッチに対応しています。

64個必要です。

yushakobo.jp

キーキャップ

本ガイド内では『キーキャップ』と呼びます。

Naked48LEDやNaked60BMPと違い、Naked64SFはCherryMX用のキーキャップのみを使用できます。

eucalyn.shop

eucalyn.shop

Pro Micro or BLE Micro Pro

本ガイド内では『Pro Micro』または『BMP』と呼びます。

キーボードの頭脳となるマイコンです。

Pro Microは色々種類は有りますが、遊舎工房実店舗か遊舎工房通販サイトの物を使用してくだされば確実です。

※通販サイトの場合ファーム書き込みなしを選択してください。

BMPは無線接続を行う場合に必要です。

また、BMPコンスルーが同梱されておりませんので、別途用意してください。

yushakobo.jp

booth.pm

yushakobo.jp

Micro USBケーブル

本ガイド内では『USBケーブル』と呼びます。

Naked64SFとPCとをつなぐために必要です。

Tomoshare L字型90°マグネット式2.1A急速充電データ転送ケーブル 断線防止 磁石 防塵ナイロンメッシュ編 高耐久ケーブル100cm ブラック 20170117W1 (Mirco Type-c Lighting 3in1set)

Tomoshare L字型90°マグネット式2.1A急速充電データ転送ケーブル 断線防止 磁石 防塵ナイロンメッシュ編 高耐久ケーブル100cm ブラック 20170117W1 (Mirco Type-c Lighting 3in1set)

コイン電池(CR1632)(オプション)

本ガイド内では『コイン電池』と呼びます。

BMPを用いた無線接続に必要です。

Panasonic コイン形リチウム電池 CR-1632 (5個セット)

Panasonic コイン形リチウム電池 CR-1632 (5個セット)

LEDテープ(WS2812B)(オプション)

本ガイド内では『LEDテープ』と呼びます。

ミッドプレートの裏からより光らせるために使用します。

※LEDテープはカラーが黒の場合は意味があまりないため、おすすめしません。

※単4電池ケースを取り付ける場合、取り付けることはできません。

yushakobo.jp

鉛テープ(オプション)

本ガイド内では『鉛テープ』と呼びます。

トッププレートと実装プレートの裏に貼り付けて打鍵感を向上させるために使用します。

※鉛なので素手で触ったら必ず手を洗ってください。

第一精工 板オモリ普及 0.4mm

第一精工 板オモリ普及 0.4mm

3.5mmステレオミニケーブル(オプション)

本ガイド内では『ステレオミニケーブル』と呼びます。

Nakedシリーズと接続する場合、3.5mmステレオミニケーブルのオス⇔オスを用意してください。

ステレオミニプラグ オーディオケーブル、RAYWILL 高音質再生 オス/オス無指向性 標準3.5mm AUX接続 (0.5m)

ステレオミニプラグ オーディオケーブル、RAYWILL 高音質再生 オス/オス無指向性 標準3.5mm AUX接続 (0.5m)

 

必要工具

工具それぞれの説明はこちらの記事に書かれていますので、併せて参照してください。

salicylic-acid3.hatenablog.com

不安な人、LEDを実装する人は以下の物を全て揃えてくださると安い物を使うより各段に実装が楽になります。

※このページで得られたアフィリエイト収益は、全て私の自作キーボードキットの価格維持に使います。

ハンダこて

白光 ダイヤル式温度制御はんだこて FX600

白光 ダイヤル式温度制御はんだこて FX600

 

ハンダこて台

白光(HAKKO) こて台 633-01

白光(HAKKO) こて台 633-01

こて先

白光 こて先 2C型 T18-C2

白光 こて先 2C型 T18-C2

ハンダ

goot 精密プリント基板用はんだ SD-62

goot 精密プリント基板用はんだ SD-62

ハンダ吸い取り線

 goot はんだ吸取り線 CP-3015

goot はんだ吸取り線 CP-3015

ドライバー(m2ネジ対応のもの)

 TREKOO 110in1精密ドライバーセット 98種ビット 多機能ツール スクリュードライバーセット U型 Y型 分解ヘラ プラス マイナス 修理工具 DIY パソコン iPhone 時計

TREKOO 110in1精密ドライバーセット 98種ビット 多機能ツール スクリュードライバーセット U型 Y型 分解ヘラ プラス マイナス 修理工具 DIY パソコン iPhone 時計

ニッパー

エンジニア マイクロニッパー NS-04

エンジニア マイクロニッパー NS-04

作業マット

プラス カッターマット 両面 A4 230×320mm グリーン 48-573

プラス カッターマット 両面 A4 230×320mm グリーン 48-573

フラックス(あったほうがいい)

ホーザン(HOZAN) フラックス  鉛フリーハンダ対応 便利なハケ付きキャップ付  容量30mL H-722

ホーザン(HOZAN) フラックス 鉛フリーハンダ対応 便利なハケ付きキャップ付 容量30mL H-722

マスキングテープ(テープであればいい)

エーモン 目盛り付きマスキングテープ 幅20mm×長さ約15m 1693

エーモン 目盛り付きマスキングテープ 幅20mm×長さ約15m 1693

逆作用ピンセット(あったほうがいい)

ホーザン(HOZAN) 逆作用ピンセット ツイーザー サードハンド 全長165mm 先端幅2mm 最大開幅約20mm P-89

ホーザン(HOZAN) 逆作用ピンセット ツイーザー サードハンド 全長165mm 先端幅2mm 最大開幅約20mm P-89

虫眼鏡(あったほうがいい)

KRAVAS 拡大鏡 LEDライト付き 手持ちルーペ 大きく 見やすい 軽い 直径140mmで読み物に便利なサイズ

KRAVAS 拡大鏡 LEDライト付き 手持ちルーペ 大きく 見やすい 軽い 直径140mmで読み物に便利なサイズ

ライト(あったほうがいい)

Ledlenser(レッドレンザー) LED懐中電灯 P7R 強力ライト/定番サイズ 【明るさ約1000ルーメン】 【最長7年保証】 充電式 [日本正規品] 9408-R

Ledlenser(レッドレンザー) LED懐中電灯 P7R 強力ライト/定番サイズ 【明るさ約1000ルーメン】 【最長7年保証】 充電式 [日本正規品] 9408-R

テスター(あったほうがいい)

AstroAI テスター デジタルマルチメーター 電気 電圧 電流 抵抗 ダイオード 測定 導通 テスター 小型 LCDバックライト 自動車 日本語説明書 一年保証期間付き

AstroAI テスター デジタルマルチメーター 電気 電圧 電流 抵抗 ダイオード 測定 導通 テスター 小型 LCDバックライト 自動車 日本語説明書 一年保証期間付き

エポキシ樹脂(あったほうがいい)

セメダイン 5分硬化型エポキシ系接着剤 ハイスーパー5 15gセット箱 CA-184

セメダイン 5分硬化型エポキシ系接着剤 ハイスーパー5 15gセット箱 CA-184

 

組み立て

いよいよ組み立てです。

まとまった時間は用意できましたか?

本キットには取り付け順序は基本的に有りませんし、順序によって後々取り付け不可能になるパーツは有りません。

しかし、本ガイドのこの順序で取り付けするのが最も簡単です。

 

(オプション)Pro Micro、BMPの補強

エポキシ樹脂を使ってPro Micro、またはBMPの補強をします。

乾燥に多少時間がかかるので最初にやってしまいましょう。

エポキシ樹脂の乾燥時間や使い方はエポキシ樹脂の説明を読んでください。

樹脂はUSBジャックの中に入らないように周囲を盛っていきます。

多めに盛りすぎてUSB端子が入る穴に流れ込まないよう注意してください。

f:id:Salicylic_acid3:20181125004605j:plain
f:id:Salicylic_acid3:20181124014518j:plain
エポキシ樹脂を爪楊枝で練って、端子の接合部分に載せていくだけ

Pro Microの書き込み環境の構築

以下のページを参照してファームウェアの書き込みを実施してください。

BMPの書き込み環境構築は下の項目を参照してください。

salicylic-acid3.hatenablog.com

キーマップなどを自作するための環境構築記事は現在執筆中です。

とはいえ以下の記事が凄くわかりやすく参考になるので、今更私が書く必要はないかも知れません。。

qiita.com

Naked64SFのファームウェアは以下から取得してください。

github.com

Naked64SF用のデフォルトで用意したのは以下の6マップです。

マップ名 説明
default USキーボードの標準的な配列を目指しました。
default_with_setta21 defaultキーマップでSetta21を3.5mmステレオミニケーブルで接続するためのキーマップです。
salicylic JISキーボードで、私の使いやすい配列です。私はCorneやColosseumでもこのマップを使用しています。
salicylic_with_setta21 salicylicキーマップでSetta21を3.5mmステレオミニケーブルで接続するためのキーマップです。

 ※『〇〇_with_setta21』のマップでもNaked64SFの単体利用は可能です。

BMPの書き込み環境の構築

以下のページを参照してファームウェアの書き込みを実施してください。

BMPのファームを書き込み記事はこちらを参考にしてください。

github.com

skyhigh-works.hatenablog.com

Naked64SFのBMPファームウェアBMPの公式リポジトリにマージされましたのでそちらを利用してください。

 

(オプション)LEDの取り付け

LEDは最初に取り付けるのが最も簡単です。4つ銀色になっているパッドの左上に、LED裏面の一番大きいパッドを合わせて穴にそっとはめ込みます。

f:id:Salicylic_acid3:20190809112306p:plain

斜めになったりしたら一旦取り外してもう一度はめます。

斜めに穴に落ちたまま取り付け始めると失敗します。

上手く水平にならない場合、『ハンダを吸い取った』ハンダ吸い取り線を穴の大きさに切って下に2枚くらい敷いておくとやりやすいです。

※未使用のハンダ吸い取り線を短くカットするとほどけてしまいます。

フラックスをさっと塗ってからはんだ付けします。

ハンダこての温度は220度~270度で行ってください。

基板側をハンダこてて一秒程度温め、はんだを流し込んでサッとチップ側にブリッジさせます。

 

 うまくはんだが乗らず、パッドが弾いてくっつかないという人は暖め方が足りません。

怖がらず暖めてください。

 

(オプション)LEDのテスト

LEDを取り付ける場合、この段階なら直しやすいので先にLEDのテストをします。

ProMicroにピンヘッダを取り付ける、ファームウェアを書き込むを先に実施してください。

ファームウェアの書き込みでタクトスイッチを押す部分が有りますが、RSTとGND(下写真の赤丸部分)をピンセットで一瞬触れることで代替できます。

f:id:Salicylic_acid3:20190312013739j:plain

BMPの場合、この段階でのLEDテストは難しいので、出来ればPro Microでテストしてください。

下の写真のように、だいたい一発で全点灯することはありません。

f:id:Salicylic_acid3:20190312014002j:plain

※これはNaked48LEDの写真です。

点かない場合は下図の発光順序に従って切り分けていきます。

f:id:Salicylic_acid3:20190810002610p:plain
f:id:Salicylic_acid3:20190810002638p:plain
左は表面から、右は裏面から見た図です

※①と②は2つずつあります

点かないLEDのパッドを確認し、剥がれなどがありそうならフラックスを塗ってもう一度ハンダこてで温めます。

もし剥がれなどがなければ前の番号のLEDのDOUTのハンダを確認します。

f:id:Salicylic_acid3:20190312020152j:plain

LEDを導通するハンダは衝撃や捻りに弱いので、後の行程で不要な力が掛からないように注意してください。

以下の記事も参考になるのでLEDがつかない場合は参考にしてください。

marksard.github.io

 

ダイオードを並べる

ダイオードは向きがあります。

肉眼では見づらいかもしれませんが、表面に印刷があります。

線が書いてある方を実装プレートの裏の矢印の先に合わせてつけます。

ダイオードの線が見辛いときはライトで照らすか虫眼鏡で確認してください。

逆向きに取り付けるとそのキーは反応しません。

利き手の逆の手でピンセットを扱うので、右利きの方は左側に並べるとやりやすいです。

f:id:Salicylic_acid3:20190310011413j:plain

雑だけど向きが揃っていればヨシ
f:id:Salicylic_acid3:20190324232908j:plain
f:id:Salicylic_acid3:20190324232915j:plain
10個ごとにマスキングテープに写し取ると楽です。

予備はんだを行う

ダイオードを取り付けるところにあらかじめはんだを盛っておきます。(予備はんだといいます)

ハンダこての温度は320℃に設定してください。

量は下の写真くらいで大丈夫です。

f:id:Salicylic_acid3:20190809112552p:plain

※写真はNaked48LEDのものです。

ハンダの量が多すぎたり、ハンダが尖ってしまったら(ツノがたったといいます)吸い取り線で一回吸い取ってからもう一度盛ります。

吸い取り線は新しい銅色の部分を吸い取りたい部分に当て、上からハンダこてを当てて吸い取ります。

吸い取り線の吸い取って銀色になった部分はもう使えませんので、ニッパーで切り取ってしまいます。

また、何度やっても尖ってしまう場合、長く温めすぎてフラックスが飛んでしまった可能性があります。

一度つけるパッドにフラックスを一塗りしてからやってみてください。

 

ダイオードの片足をつける

もう一度向きが合っているかを確認します。

f:id:Salicylic_acid3:20190310012938j:plain

逆作用ピンセットでダイオードをつまみ、予備はんだの上に置きながら予備はんだをハンダこてで溶かす事ではんだ付けします。

 

ハンダこてを放してから一秒置いてピンセットを放します。

これを全部のダイオードに行います。

 

ダイオードのはんだ付けを確認する

横から見て、ダイオードが浮いていないか確認します。f:id:Salicylic_acid3:20190315030833j:image

一見はんだが付いていても浮いていると、割とすぐに剥がれてしまいます。

浮いている場合、フラックスを塗ってから浮いている側のはんだを暖め直し、ピンセットで位置を調整してください。

 

ダイオードのもう片足をつける

すべて片足だけ付け終わったら、今度は反対側です。

ハンダこてで一秒暖めてからはんだを送ります。

これを全部のキーに行います。

 

(オプション)SBダイオードコンデンサをつける

BMPを使用する場合のみ

f:id:Salicylic_acid3:20190809112743p:plain

BLEと書かれた四角の中と、真ん中の電池基板の部分にSBダイオードコンデンサを付けていきます。

※単4電池ケースを使う場合は、真ん中の電池基板の部分のSBダイオードは不要です。

SBダイオードダイオードの絵が書かれているところに、コンデンサはCと書かれたところに付けます。

ハンダの付け方はキースイッチ用のダイオードと同じ手順です。

 

レイアウトを決定する

Naked64SFは、使用するキーキャップにあわせ、左手親指キーを2.25uと2uで選択することができます。

f:id:Salicylic_acid3:20190809115700p:plain
f:id:Salicylic_acid3:20190809115736p:plain
左が1.5u+2u、右が1u+2.25u

私個人としては2uを使用する方が良いと思いますが、通常のキーキャップセットに2uのキーは希少です。(有っても形状の微妙なテンキーの+キーです)

とはいえどれが2uなのか、2.25uなのか分かりづらいので、バックプレートにキーキャップスケールを用意しました。

スイッチソケットをはんだ付けする前に実際に乗せて確認しておいてください。

f:id:Salicylic_acid3:20190809120213p:plain

 

スイッチソケットを取り付ける

スイッチソケットはキーを取り付けるために必要です。

予備ハンダを用いて取り付けていきますが、ダイオードと違い、両側に予備ハンダを盛ってから取り付けます。

指で樹脂部分を押さえながら予備ハンダを溶かしてくっつけます。

素手でも意外と熱くありませんが、くれぐれも火傷に注意してください。

スイッチソケットは全キー分取り付けます。

※先程の左親指キーの部分は選択した方の部分にはんだ付けするよう注意してください。 

f:id:Salicylic_acid3:20190809120523p:plain

上側が2u、下側が2.25uのキーキャップを取り付ける場合のパッド

 

(オプション)コイン電池ケースをマスキングテープで仮止めし、ハンダ付けする

 表面にコイン電池ケースを向き(電池が抜けないよう折り曲げがある)を揃えて差し込み、マスキングテープで押さえます。

f:id:Salicylic_acid3:20190809113241p:plain

※向きは電池を取り出す方向に関係しますが、左右どちらでもいいです。向きは一応揃えたほうがいいとは思います。

f:id:Salicylic_acid3:20190809113443p:plain

マスキングテープで押さえた後、念の為浮いてないか確認します。

浮いていると接触不良の原因になります。

裏面から両足ともはんだ付けします。

もっこりするほど送らなくてもいいですが、しっかり止まるように多めに入れましょう。

 

タクトスイッチとTRRSコネクタ、スライドスイッチをマスキングテープで仮止めする

表面にタクトスイッチとTRRSコネクタ(オプション)、スライドスイッチ(オプション)を差し込み、マスキングテープで押さえます。

f:id:Salicylic_acid3:20190809113705p:plain

※浮きやすいので、ちゃんと押さえられているかもう一度確認してください。

 

タクトスイッチとスライドスイッチの足をニッパーで切る

タクトスイッチとスライドスイッチ(オプション)の足は少しだけ長いので、予めニッパーで切っておきます。

そんなにギリギリで切らなくてもいいです。

 

タクトスイッチとTRRSコネクタ(オプション)、スライドスイッチ(オプション)をハンダ付けする

裏面からそれぞれの足にハンダを付けていきます。

足にハンダこてを当ててからハンダを送ります。

もっこりするほど送らなくてもいいです。

 

(オプション)LEDテープを貼り付ける

※LEDテープはカラーが黒の場合は意味があまりないため、おすすめしません。

※単4電池ケースを取り付ける場合、取り付けることはできません。

LEDテープをコイン電池ケースの下のパッドに合わせ、印刷が一致している方のシール剥離紙を1cmくらい剥がし、半分隠れるくらいの部分で貼り付けます。

f:id:Salicylic_acid3:20190809114627p:plain

f:id:Salicylic_acid3:20190809114250p:plain

 

(オプション)LEDテープを貼り付ける

LEDテープと基板をはんだ付けします。

f:id:Salicylic_acid3:20190809114938p:plain

 

(オプション)LEDテープ用にファームウェアを修正する

使用するキーマップのconfig.hのRGBLED_NUMを12にします。

f:id:Salicylic_acid3:20190629010402p:plain

スタビライザーを取り付ける

表面(温泉マークがある面)にスタビライザーを取り付けます。

※左親指キー部分のスタビライザーの取り付け位置は注意してください。

並んだ2つの穴の左側が2.25uを、右側が2uを選んだときの穴です。

 

GMKスタビライザーの取り付けは裏面からネジ止めする必要がありますので忘れずに。

f:id:Salicylic_acid3:20190629013929j:plain

また、取り付けの際に、スタビライザーの底に絆創膏のバンド部を貼り付けたり、ルブを塗布するとよりいい感じになります。

f:id:Salicylic_acid3:20190629013622j:plain

この動画も参考になりますので是非。

www.youtube.com

 

トッププレートにスイッチをはめ込む

少し固いかも知れませんが、しっかりはめていきます。

せっかくの自作キットなので、用途ごとにスイッチの種類を変えると面白いです。

f:id:Salicylic_acid3:20190629010801j:plain

※プレートからポロポロ落ちる場合はストレスを貯めすぎず、後ではめ込んでもいいです。

※硬すぎてはまらない場合、無理せず少しプレート側を削ってください。。同じガーバー、同じ寸法なのに色とロットで若干(0.数mm単位)異なってしまっています。。。

 

実装プレートにトッププレートを差し込む

スイッチの足が曲がっている場合、ソケットに挿入されずキー入力を認識しないので、少しでも曲がっていないかよく確認します。

確認したらスイッチの足を実装プレートのソケットの穴に挿入しながら実装プレートに合わせていきます。

裏面からスイッチのピンがちゃんと飛び出ているか確認します。

飛び出ていない場合、その部分に力をかけて圧着していきます。

また、先程の工程ではめていないスイッチがあったら挿入して同じ様に圧着します。

 

ProMicroにコンスルーをハンダ付けする

BMPはハンダ付け不要です。

ProMicroをMicroUSB端子が下(基板側)を向くように取り付けます。

f:id:Salicylic_acid3:20190312022623j:plain

MicroUSBの端子側にコンスルーを差し込みます。

ただし、コンスルーには向きがあります。

f:id:Salicylic_acid3:20190312021613j:plain

写真の赤丸の金色の部分が片方の面から両方見える様に、また金色の部分がProMicro側に寄っている様に取り付けます。

分かりづらかったら以下のドキュメントも合わせて確認してください。

github.com

 

コンスルーとPro Microとのハンダ付けはPro MicroのUSB端子が付いていない方をハンダ付けします。 

320℃に設定してコンスルーを1秒程度温めてからハンダを送ります。

24のピン全てをハンダ付けします。

 

BMPを使用する場合、かつ13ピンコンスルーを使用する場合)実装プレートにコンスルーを差し込む

f:id:Salicylic_acid3:20190629020003p:plain

※写真はNaked60BMPのものです。

正面から見て左側に13ピン、右側に12ピンコンスルーを差し込みます。

右側のコンスルーは一番上のピン「Bat-」を空けて差し込みます。

 

ProMicro、BMPを実装プレートへ差し込む

USB端子が上に来るように♨マークが隠れるように慎重に奥まで差し込みます。

Pro Microを使用する場合、一番上の「Bat+」、「Bat-」を空けるように差し込んでください。

 

テストする

PCに繋ぎ、適当なテキストエディタで全てのキーが反応することを確認します。

f:id:Salicylic_acid3:20190314015750p:plain

(Tips)スペーサーについて

Naked64SFはスペーサーの本数が極端に多く設計しています。

それは打鍵感を好みに合わせて調整する事ができるようにしたためです。

スペーサーを全て入れるとケースの剛性は最大となり、硬い打ち心地となります。

スペーサーを抜くとケースの剛性は下がり、柔らかい打ち心地となります。

各自の好みはありますが一般論として、リニア、タクタイル、クリッキー、静音スイッチに向いた剛性があります。

リニア、静音スイッチは底打ち時に柔らかさを感じるため、剛性が低い方が向くとされます。

タクタイル、クリッキースイッチは硬いほうが感触を強く感じられるので、剛性が高い方が良いとされます。

 

バックプレートにスペーサーをネジ止めする

真ん中の4個が10mmのスペーサーで、他は7mmのスペーサーです。

外側のスペーサー以外をネジ止めしておきます。

このとき、防音布も挟んでおきます。

f:id:Salicylic_acid3:20190809124651p:plain

赤丸部分にナット、黄色丸部分に10mmスペーサー、他の部分に7mmスペーサーをネジ止めします

また、スペーサーを抜く場合、スペーサーの代わりにナットを用いてネジ穴を埋めておきます。

 

(オプション)鉛テープをトッププレート、実装プレートに貼り付ける

鉛テープを貼り付けることで振動を抑制することでより上質な打鍵感にします。

鉛テープは普通のハサミで切れます。

形を整えたら両面テープを貼っておきます。

f:id:Salicylic_acid3:20190629023150j:plain
f:id:Salicylic_acid3:20190629023146j:plain

鉛テープはトッププレート、実装プレートの裏面余白部分に貼り付けます。

f:id:Salicylic_acid3:20190629023151j:plain
f:id:Salicylic_acid3:20190629023148j:plain

※鉛は経口摂取すると人体に有害なので、素手で触った後は十分に手を洗ってください。

 

トッププレートとボトムプレートをネジ止めする

 

生地を重ねてネジ止めする部分(左下、右下)には4mmのネジを使用します。

コツとしてボトムプレートの最外周は以下の図の順番でネジを締めていくことが効率的です。

 

 

ミッドプレートを取り付ける

ミッドプレートをネジ止めします。

ミッドプレートはリバーシブルではなく、シルク(白い印字)がある面を表としてネジ止めします。

f:id:Salicylic_acid3:20190629024512p:plain

キーキャップを取り付ける

自分の求めるキーマップに応じた配置でキーキャップを取り付けます。

f:id:Salicylic_acid3:20190629024731j:plain

ゴム足を貼り付ける

バックプレートの好きな位置にゴム足を貼り付けます。

私のおすすめは以下の図の位置です。

f:id:Salicylic_acid3:20190629025948p:plain

(Tips)チルトと逆チルト

チルト(tilt)とは傾けるとの意味ですが、キーボードにおいては奥側が高く傾斜させることを指す場合が多いです。

そのため、手前側を高くすることを本ガイド内では逆チルトと呼びます。

元来チルトはキートップの印字を見やすくするための傾斜です。

チルトすることで手首の曲げが大きくなるため、手首への負担は大きくなります。

逆に、手前側を高くした逆チルトにおいては手首への負担が軽くなります。

本キットには逆チルトを前提としたパームレストを搭載しておりますので、スペースが許す限り逆チルトを試してみてください。

完成!

お疲れ様でした!

達成感とともに、ゆっくりと自作キーボード温泉に浸かってください。 

f:id:Salicylic_acid3:20190809122412p:plain
f:id:Salicylic_acid3:20190809122530p:plain
f:id:Salicylic_acid3:20190809122622p:plain
f:id:Salicylic_acid3:20190809122838p:plain

 

動かない時に

以下のサイトがトラブルシューティングについて網羅していますので参考にしてください。

scrapbox.io

 

おわりに

ビルドガイドはいかがでしたでしょうか。

分かりやすかったでしょうか。

なるべく組み立てやすい様に設計したつもりですが、なにかわからないことが有れば遠慮なくコメント欄か私のTwitterへどうぞ。

 

本記事はNaked64SFで書きました。